こだわりの住宅

住宅街

現在さまざまな住宅が建てられています。一般的な建売住宅からはじまり、こだわりのある注文住宅までさまざまです。ここでは特にこだわりのある人が建てる注文住宅について、知っておきたい知識を紹介していきます。注文住宅を建てる人は間取りをこだわる人が多いのですが、断熱性能にこだわる人は多くないです。 しかし断熱性能をおろそかにすると、夏涼しくて冬に暖かい住宅にはならないため注意が必要です。注文住宅で断熱性能をあげるには、断熱材を施工方法が重要になってくるのです。断熱材の施工方法で重要なのが隙間なくしきつめるという事です。現在あるハウスメーカーや工務店でも、断熱材に関しての知識が少なく、隙間なくしきつめる事の重要さを認知していなケースも多いため注意が必要です。

特に昔ながらの工務店や大工さんは、腕前は上手なのですが断熱材に関しての知識は乏しい人が多いです。このため職人として腕が確かなのですべてを任せるのではなく断熱材の施工部分は確認しておく事が肝心です。断熱材は天井や壁や床に施工しても、一部分施工してない場所があるとそこから熱が逃げて意味がなくなってしまうのです。 断熱性能にこだわるのなら窓ガラスにもこだわると良いです。現在の窓ガラスやサッシの断熱性能は、依然のものより格段に性能があがっているのです。他の建材の性能もあがっているのですが、サッシ関係の性能は見違える程向上したため、性能の良いものを取り付けると良いです。せっかく注文住宅を建てるのですから、間取りだけでなく断熱性能を高めて快適な暮らしをすごせるようにする事が大切なのです。