一戸建ての注意内容

薄茶の住宅

一戸建て住宅は、一度購入してしまえば、土地も建物も自分の資産になるのが一番のメリットです。しかし、一戸建て住宅は、マンションと比べて一度に建築する戸数が少ないため、どうしてもマンションよりも建設コストがかかり、同じ立地条件でも物件価格が高くなる傾向があります。また、マンションと比べて、一戸あたりの敷地を広く確保する必要があるため、最寄り駅から比較的離れている場合が多いです。また、全方角が外と接しており、それぞれに窓がついている物件が多いため、冷暖房などの光熱費がマンションと比べて多くかかります。防犯面においては、直接外と接しているため、空き巣や放火などの危険性を意識して生活する必要があります。

一戸建て住宅は、土地も建物も自分の資産になるため、築年数が古くなったことによる建物の資産価値が減少した場合においても、土地の資産価値は残るため安心して所有し続けることができます。また、リフォームや修繕についても所有者全員の同意が必要なマンションとは違い、一戸建て住宅の場合は所有者が自分だけしかいないため、好きなときに自由に行うことができます。また、建て替えについても自由に行うことができるため、結婚や子どもの出産などでライフスタイルが変化した場合においても、柔軟に対応することができます。自家用車を保有している場合は、マンションとの差は歴然としております。マンションでは駐車場代が別途かかるのに対して、一戸建て住宅の場合は、敷地内を活用して駐車スペースが設けられていることが多いため、駐車場代を節約できます。